歯周病を予防する歯磨きとは

歯周病の予防のひとつに歯磨きをきちんとするという方法があります。
ちゃんと歯磨きくらいしてるよ、と言われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
やはりひとの手で独自に磨くには歯科の研究的には、少し心もとないというのが正直な感想です。
歯周病の主な原因は食物を食べる時に歯に付着する歯垢が、
カルシウムと結びついて歯石となって歯と歯茎にこびりついてしまうことから起こります。
これらから細菌が増殖して、歯茎を弱らせるのです。
いくら自分ではきちんと磨けていると自負していても、どうしても磨き残しが
できてしまうものです。
気になるなら歯医者で、定期的に口の中の検査(虫歯や歯周病など)をしてもらいましょう。
ついでに歯磨きブラッシングの指導をしてもらうことが歯周病予防につながります。
http://www.regenetiss.jp/