小資金で土地活用するならコインパーキング。

自分の所有する土地や相続などで引き継いだ遊休地があれば、有効活用したいと考える人が多いものです。
更地であれば固定資産税も高いですし、雑草などで周囲に迷惑がかからないように除草などの費用も必要です。
不動産投資として、アパート・マンション・テナントビル経営などが考えられますけど、建築する場合、初期投資金額が大きくなります。
自己資金でできる範囲であれば問題は少ないですけど、金融機関からの融資を受ける場合、完成後の入居率・家賃収入が想定どおりで無い場合、負債だけを背負う形になってしまう事も考えられます。
広い土地で立地条件がいい場合は建築費と返済金額のバランスが取りやすいですけど、狭い土地の場合はハイリスクになりがちです。
土地の大きさに影響されにくく、初期投資金額を抑えることができるのがコインパーキングの経営です。
アスファルト簡易舗装と機械を設置する事で営業開始できますし、駐車台数も土地に合わせて設定できます。
駐車場経営としては、月極め駐車場で活用することもできますけど、空きが出た場合には収入がなくなりますから、時間貸しのコインパーキングの方が安定しやすいものです。
立地によっては、時間帯を区切って月極めと併用するシステムも考えられますから収益が上げられます。